シスメックスの自動血球計数装置 国立科学博物館「重要科学技術史資料」に | 電波新聞デジタル
   

CES2020

やさしい業界知識

ヘルスケア

シスメックスの自動血球計数装置 国立科学博物館「重要科学技術史資料」に

「自動血球計数装置CC-1001」「自動血球計数装置CC-1001」

 シスメックスは、国内で初めて開発した自動で血液中の赤血球および白血球の数を測定する「自動血球計数装置CC-1001」が、国立科学博物館の「重要科学技術史資料」(愛称=未来技術遺産)に登録された。 世界初の独創的な技術によって高精度の血球計数装置を開発し、血球計数の真の自動化を開拓したことに加え、今日の飛躍的に拡大した臨床検査領域の発展に顕著な役割を果たしたことが評価された。 未来技術遺産は、国立科学...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/04/09の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード