スマートキャリブレーションによる校正作業支援 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

特集・企画

スマートキャリブレーションによる校正作業支援

[図1]圧力キャリブレータ「CA700」[図1]圧力キャリブレータ「CA700」

【はじめに】 プラントの操業には、電流・電圧・圧力・流量・温度など、様々な電気信号や物理量を測定または制御する機器が数多く使われている。昨今の技術革新により、これらの機器の測定精度はますます向上しており、より高品質で高付加価値の製品が生産できるようになった。その一方で、生産品質の安定・維持をさせるためには、これらプラントに点在している様々な機器の正確性や健全性を保つために、定期的な機器の点検や校正・調...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード