日系エレクトロニクス各社 中国工場 順次操業を再開 従業員の確保が課題 稼働率低水準にとどまる | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

総合・海外

日系エレクトロニクス各社 中国工場 順次操業を再開 従業員の確保が課題 稼働率低水準にとどまる

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が続く中国では日系エレクトロニクスメーカー各社が、湖北省を除く中国工場の操業を今週から順次再開している。ただ、従業員の確保が課題となっており、多くの工場では稼働率が5割以下にとどまっているもよう。当局の許可が下りず、操業再開日を当初予定の10日から延期した工場もある。各社は引き続きサプライチェーンなどの情報収集活動を強化し、生産正常化への取り組みに全力を挙げる。 各...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事の続きは無料会員登録することでご覧いただけます。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード