2019.11.08

東芝がワンショット光学検査技術 深さ数マイクロメートルの傷や異物を可視化

今回開発したワンショット光学検査技術の仕組み

 東芝は、目視や通常の画像検査では検知が困難な小さな傷や異物を瞬時に可視化するワンショット光学検査技術を開発した。

 表面の状態に応じて生じるわずかな散乱光を検出して色で識別することにより、ワンショットで得た画像から深さ数マイクロメートル程度の浅い傷や異物を判別できる。検出感度を上げ、20年度以降の実用化を目指す。

 製造現場において、労働者不足の解決...  (つづく)

twitter facebook line

電波新聞デジタルからのお知らせ

 【更新休止のお知らせ】7月13日(月)は新聞休刊日ですので、13日付電波新聞は休刊させていただきます。これに伴い、電波新聞デジタルの更新もお休みします。ご了承ください。

残席わずか!お申し込みはお早めにウェビナー

編集部からのおすすめ