国内初の蓄電池を活用した再エネ「自己託送」実証実験 京セラが4月から開始 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

環境・エネルギー

国内初の蓄電池を活用した再エネ「自己託送」実証実験 京セラが4月から開始

 京セラは滋賀県野洲市で4月から、国内で初めてとなる、蓄電池を活用した再生可能エネルギー「自己託送」の実証実験を開始する。この実証を通して今後、需要拡大が予測される自己託送の事業モデルの確立を目指していく。 自己託送は、自家用発電設備を設置する企業などがその自家用発電設備を用いて発電した電気を、送配電ネットワークを介し、自家用発電設備を設置している場所とは別の場所にある工場などに送電する制度で、一般電...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード