MaaS実証実験が活発化 携帯/電機大手が存在感 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

総合・海外

MaaS実証実験が活発化 携帯/電機大手が存在感

マースのアプリを利用し京急本線の馬堀海岸駅に到着した車いす利用者マースのアプリを利用し京急本線の馬堀海岸駅に到着した車いす利用者

 鉄道やバスなど複数の交通手段を組み合わせる次世代移動サービス「MaaS(マース)」を巡る取り組みで、携帯電話大手や総合電機メーカーが存在感を高めている。 ソフトバンク子会社のSBドライブ(東京都港区)は4月にも、公道で走る自動運転バスを実用化。NTTドコモやNECなどもマースの可能性に熱い視線を注いでおり、業種の垣根を越えて移動サービスの新市場を育てる動きが活気づきそうだ。 「誰もが移動をあきらめな...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード