PE技術用いたセンシングデバイス 開発活発 柔軟性、コスト優位性で注目 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

やさしい業界知識

総合・海外

PE技術用いたセンシングデバイス 開発活発 柔軟性、コスト優位性で注目

 プリンテッド・エレクトロニクス(PE)技術を用いたセンシングデバイスの開発が活発化している。IoTの進展を背景に、センシングソリューションの活用シーンが多様化。製品化の柔軟性、製造コストの有利性などからPE技術に注目が集まる。ウエアラブルデバイスをはじめ、医療関連などを中心に幅広い分野でPE技術応用センサーの実用化が広がってきた。 PE技術とは、一般的にプリント(印刷)技術が機能製品の開発に利用され...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。