CES2020

やさしい業界知識

情報通信

竹中工務店が 建設現場をロボットで効率化  AWSのクラウドサービス活用

記念撮影に応じる竹中工務店生産本部生産企画部の松尾享部長、AWSのバーガ・ゼネラルマネージャー、ブレインズテクノロジーの中澤宣貴CTO(左から)記念撮影に応じる竹中工務店生産本部生産企画部の松尾享部長、AWSのバーガ・ゼネラルマネージャー、ブレインズテクノロジーの中澤宣貴CTO(左から)

 竹中工務店は14日、ロボットの自律走行と遠隔管理を実現する「建設ロボットプラットフォーム」を開発したと発表した。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のクラウド上で稼働するシステムで、施工中の建物内で建築資材の搬送や清掃といった役割を担うロボットを遠隔制御できるようにする。デジタル技術を建設作業の生産性向上につなげる狙いだ。 AWSの日本法人は同日、東京都内で、クラウドサービスをロボット分野に活用す...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。