サイバー攻撃対策で中小支援 NEC、大商などが4月にサービス化 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

情報通信

サイバー攻撃対策で中小支援 NEC、大商などが4月にサービス化

「サイバーセキュリティお助け隊」実証事業の成果報告会(提供=大阪商工会議所)「サイバーセキュリティお助け隊」実証事業の成果報告会(提供=大阪商工会議所)

 サプライチェーン(供給網)全体でサイバーセキュリティ対策を進めるためには、供給網を支える企業の備えが不可欠だ。大阪商工会議所はNECなど3社と連携し、4月からサイバー攻撃への対策を支援する中小企業向け事業を始める。 事業名は「商工会議所サイバーセキュリティお助け隊サービス」で、実施主体は大商。日本の供給網をサイバー攻撃から守り、中小企業の事業継続力と企業価値を高めることを目的に用意する。 これに先立...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/04/06の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード