JBCCHDなど新型コロナ対策 オンライン研修で支援、新人社員のリスク抑制 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

情報通信

JBCCHDなど新型コロナ対策 オンライン研修で支援、新人社員のリスク抑制

「みんなのコンディションアプリ」の利用イメージ(提供=凸版印刷)「みんなのコンディションアプリ」の利用イメージ(提供=凸版印刷)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月入社の新卒社員向けに実施を予定していたリアルな研修を見直す企業が増える中、自宅に居ながら受講できるITサービスが相次ぎ登場している。 JBCCホールディングスの事業会社は、新型コロナ対策にも有効なオンライン受講のサービスを用意。外販を視野に、自社の新人社員向けにオンラインによる研修の取り組みを実施する企業も現れた。 JBCCHD子会社で人材育成事業を手がける...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/04/06の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード