みんな電力が環境教育シンポ開催 電気コンセントの向こうを意識 アクション促す | 電波新聞デジタル
   
CES2020

環境・エネルギー

みんな電力が環境教育シンポ開催 電気コンセントの向こうを意識 アクション促す

講演やディスカッションが行われた講演やディスカッションが行われた

 ブロックチェーン技術で再生可能エネルギーなど電気の発電元を特定できるシステムを手がける新電力、みんな電力(東京都世田谷区)がこのほど、東京都千代田区の衆議院第一会館でシンポジウム「今こそ教育現場から気候変動対策を!」を開催した。 同社が教育関係者向けにシンポを開くのは初めて。教育現場で環境意識を高めてもらうのが狙いで、原田義昭・前環境相をはじめ、中高生ら約200人が集まった。 大石英司社長はあいさつ...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/18の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード