高効率結晶系シースルー太陽電池 カネカ、国立競技場に採用 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

環境・エネルギー

高効率結晶系シースルー太陽電池 カネカ、国立競技場に採用

国立競技場内観(提供=大成建設)国立競技場内観(提供=大成建設)

 カネカの高効率結晶系シースルー太陽電池が、国立競技場に採用された。 今回採用されたシースルー太陽電池は、一般建築物の天窓や窓などの開口部向けに開発されたもの。透明のガラス窓のような意匠を備えつつ太陽光で発電し、採光性と眺望性が確保される。ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)に貢献する創エネルギー技術として、環境経営やBCP(事業継続計画)を強化する企業、公共施設などに積極的に提案しており、採用検...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事の続きは無料会員登録することでご覧いただけます。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード