SCSK AIでビジネス課題解決 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

情報通信

SCSK AIでビジネス課題解決

SCSKのAI戦略について説明するイノベーション統括部の島彰宏部長(左)と帯津勉副部長SCSKのAI戦略について説明するイノベーション統括部の島彰宏部長(左)と帯津勉副部長

支援事業で攻勢 SCSKが、AI(人工知能)技術を駆使して企業のビジネス課題の解決を支援する事業で攻勢をかけている。 一つが、業務を通じて集めたデータを課題解決に生かすAIモデル構築ツールキットで、3月までに50社の導入を目指す。AIに精通した人材の育成にも注力し、関連ソリューションの提案力を一段と高めたい考えだ。 同社が注力するAIモデル構築ツールキットは「SNN」で、昨年4月に機能を強化した「バー...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード