東京五輪選手村でAI活用しエネマネ 都がセミナーで紹介 聖火や都営バスでも水素活用 | 電波新聞デジタル
   

CES2020

CES2020

環境・エネルギー

東京五輪選手村でAI活用しエネマネ 都がセミナーで紹介 聖火や都営バスでも水素活用

セミナーでは鉄道やバス事業者などから、水素に関する取り組みが報告されたセミナーでは鉄道やバス事業者などから、水素に関する取り組みが報告された

 東京五輪・パラリンピックの開催を今夏に控える東京都はこのほど、五輪でも重視する水素エネルギーの普及拡大に向けて官民一体の動きを加速させるため、水素エネルギー推進セミナー「水素が動かす、東京の未来」をJPタワー(東京都千代田区)で開催した。都が、五輪での水素活用方法などを紹介したほか、関連する団体や民間企業が取り組みを報告。約300人が聴き入った。 都は、水素の分子量にちなんで2月1日を「東京水素の日...  (つづく)
続きを読むには電波新聞デジタル会員ログインが必要です。
※この記事は「Wプラン」「デジタル会員」(有料)の方が対象です。 無料会員登録はこちら

無料会員 Wプラン(国内のみ) デジタル会員
無料 初回:5,143円(新聞本紙代)
月額:5,955円
初回:550円(初回手数料)
月額:4,950円
無料デジタル会員1ID 新聞本紙1部
有料デジタル会員1ID
有料デジタル会員1ID
有料プランのお申込にはまず無料会員登録が必要です。
デジタル版の独自記事と無料記事を読むことができます。
加入から1カ月間はデジタル版は無料で、新聞本紙代5,143円(税込)のみをお支払いいただきます。
2カ月目からはWプランの料金「5,955円(税込)」をお支払いいただきます。
有料会員登録時には初回手数料550円(税込)がかかります。
加入から1カ月間はデジタル版を無料でご利用できます。
2カ月目からはデジタル会員の料金「4,950円(税込)」をお支払いいただきます。
※金額は税込みです。


2020/02/21の新聞をビューワーで
ご覧になるには登録が必要です。

登録はこちら!

注目のキーワード